医療短大・各病院だより

同窓会員から

総会案内ハガキの通信覧にお寄せいただいた近況報告です

総会の会場で、通信欄に近況報告が記された、皆様からの返信ハガキを紹介させていただきました。「友人の近況報告はあるかな?」と大勢の参加者がハガキを閲覧していました。ご意見やご要望など、皆様の「声」をメールやハガキで同窓会事務局までお寄せ下さい。

◆昨年は社会福祉士に合格し、今年は精神保健福祉士に合格。63歳になり、福祉関係で貢献していきたいと思います(S・S)

◆末娘が東海大学体育学部に入学し、また縁ができてうれしいです。職種は違いますがお客さまの健康相談を受け、学んだことを生かしています!感謝!!(M・F)

◆医短での学びを生かしながら、現在は小学校の保健室で働いています。転職してあらためて看護学の多様性に気づかされています(C・K)

◆現在、地元の在宅療養支援病院で訪問診療に携わっています。医短での訪問看護実習中に感じた、地域医療の分野で仕事をしたいという思いがかなっています。仕事・育児に追われる毎日ですがとても充実しています(A・T)

◆毎年、同窓会の案内をいただきうれしく思います。今年3月には20数年ぶりに同期生と再会し、学生時代を語り合いました。話し方も声も全く変わらず仲間の素晴らしさを実感しました。医短の卒業生としての誇りです(T・K)

◆医療現場を離れて30年余り、毎回会報を見ながら皆さまのご活躍をとてもうれしく思います。いつも陰ながら応援しています(R・K)

◆医療の進歩とともに地域の高齢化もすごいスピードで進んでおり、住民への対応の難しさを痛感しているこのごろです(R・S)

◆50歳を目前にして、新しいチャレンジ。助産師学校に入学します。実習も大変そうですが若い子たちに交ざって頑張ります!(Y・K)

◆急性期看護から現在は終末期看護を担当。看取り看護の難しさに頭を悩ませる毎日です(S・K)

◆定年を2年後に控え、よくここまで現役(助産師)で働いてこられたなと思います。家族にもだいぶ迷惑をかけましたが、今となってはよい思い出です。医短時代には、吹奏楽研究会を創部し、当時の内田靖子学部長に顧問になっていただくなど、若さゆえのパワーがありました。今でも当時の仲間との絆があります(Y・K)

◆新人のときは助ける看護を、子育てが終わり現在は人生の最後をその人らしく看取る看護を行い、ナースは幅広い人間を支えられる職業です(Y・S)

◆助産師資格取得のための大学院生活が始まりました。医短の学生生活を恋しく思いつつ……新たな場所で夢を目指して頑張っています!(M・S)

◆下の子どもが幼稚園に入ったのでパートではありますが看護師としてまた働き始めました。生活に張りが出て仕事も楽しく看護師でよかったと実感しています(S・K)

◆卒業後35年になります。ツツジの花が美しく咲く季節になると、載帽式の日のことを思い出します。今思えば、学生生活のすべてが輝く人生の宝物です!! 感謝と初心を忘れず頑張っています(M・W)
◆患者経験を何度かすることで、看護の仕事の重要性を実感しています。自分のがん治療や東海大での経験を生かしてがん相談の仕事をしています(S・K)

◆卒業して初めて伊勢原校舎に行ってみました。新しい病院も素敵でしたが、友人が医短で先生をしているのも驚きでした(M・N)

◆2016年11月に830KFの同窓会を行いました。新病院内のラウンジを使わせていただき、当時のままの姿やおしゃべりで楽しみました。コーヒーうまっ! ルートわからずタクシー!(E・T)

◆今年度から下の子どもも幼稚園に入園し、少しは時間もできると思うので、セミナーに参加したり、少しずつ復職のための準備をしたりしていくつもりです! 同窓会にも参加したいです(N・M)
◆保健師として39年間勤めました。60歳で退職しましたが、再任用でまた勤めます。医短時代には想像できなかった現在です(T・W)

◆卒業して10年以上、キャリアアップしてみたり病院間異動を経験してみたり。のろのろ運転ですが頑張っています(M・S)

◆38年勤務し3月31日をもって定年退職しました。無事務めあげられてホッとしています。少し休んでから今後のことを考えたいと思っています(S・M)

東海大学医療技術短期大学同窓会事務局

〒259-1207 神奈川県平塚市北金目4丁目1-2 東海大学医療技術短期大学内 TEL. (0463)59-5586